トイレからも水漏れ…リフォームを急がねば!

公開日: 

トイレが水漏れの原因は、タンクになんらかのトラブルが生じてしまっていたり、部品の経年劣化などさまざまな原因が考えられます。
水道菅を交換する工事だけですめば、それほど費用もかかりませんが、床や軒下まで水がしみ込んでしまっていると、腐っている可能性もでてきます。
そうなると大がかりなリフォームが必要になるので工務店に点検してもらうといいでしょう。
愛知県にもリフォームをおこなう工務店は沢山あるので、運営実績などをしっかり確認して依頼してください。

台所に引き続きトイレまで…

古い家だと水漏れを知らないうちにおこしている可能性があります。
床が水浸しになるなど目に見える水漏れならすぐに発見できて修理ができますが、少しの水漏れくらいだと全然気が付かないこともあります。
水道代の請求書を見ていつもよりも高額になって初めて気づくこともあるので、定期的に水道メーターをチェックするといいでしょう。
家の水道をすべて止めている状態にしているのに、水道メーターが少しでも動いていれば水漏れをしている可能性が高いです。
私の家も古いので最初は台所の流しが水道から漏れているのを気付きませんでしたが、水道メーターをチェックしたら、少し動いていたので愛知県の水道工事専門業者に点検してもらい、初めて水漏れが発覚しました。
その時に台所だけでなくトイレも点検してもらったら、トイレの配水管もかなり老朽化しているので、新しい配水管に交換した方がいいと言われました。
台所に引き続きトイレまでもが修理が必要になったのですごく困りました。

水道業者と仲良くなれたのは良かった!

何度か愛知県内でも実績が豊富だという水道業者に点検や修理を依頼しているうちに仲良くなれたので、いろんなアドバイスもしてもらいました。
水漏れが原因でいろんな場所を修理しなければいけないと言われたので、思い切ってリフォームをすることにしました。
水道業者の方にリフォーム経験が豊富な工務店も紹介されたので助かりました。
さっそく工務店にリフォームの相談をしましたが、修理をするよりも思い切ってリフォームをした方が長い目でみるとお得だと言われました。
水回りのリフォームで失敗しないポイントですが、トイレの場合は常に綺麗な状態を保てるように掃除がしやすい便器や建材を選んでリフォームすることが大事です。
床材はアンモニアや薬品に強いタイプを選ぶといいでしょう。
スペースに余裕があれば手洗い器やカウンターを追加するのもおすすめです。
備品の収納スペースも確保できるので便利ですが、高齢者がいる家庭ではトイレに手すりをつけたりするなど、バリアフリー化することが大事です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑