豊胸手術を受けた知り合いの「胸以外の変化」

公開日: 

自分のスタイルで他には不満はないのですが、胸が小さいことだけがコンプレックスだという女性がとる究極の対策は、やっぱり豊胸手術ではないでしょうか。
ワキやお腹から脂肪をかき集めて補正下着に詰め込んだりブラジャーにバッドを入れたりすれば、それなりに大きく見せることはできるけれど脱いだら自分で情けなくなるものです。
私は手術まで受けようとは思わないけれど願望があり、最近豊胸手術を受けた知り合いの変化にとても興味がありました。

知り合いが豊胸手術を受けた

その知り合いの女性は、私がうらやましいと思うようなくびれたウエストと、細い脚を持つオシャレな人で、以前から胸が小さいことが悩みだと私にグチをこぼしていました。
私も大きい方ではないのですが、彼女よりは大きいので多少そこでは優越感を持てました。
そんな彼女がついに決心して豊胸手術を受けたのです。
事前に何も聞かされておらず、術後に会った時はすでに体も落ち着いていて、話を聞かされてビックリしました。
実は手術したのと言う彼女の胸は形よく盛り上がり、服の上からでも大きくなったんだなと分かるほどでした。
もう完璧な彼女のプロポーションに私は嫉妬してしまい、体にメスを入れるなんて思い切ったことをしたのねと、ちょっと嫌味っぽく言ってしまいました。
私なら怖くて絶対できないけど、と言うと彼女は自分も決断するまでは怖かったけど、やってしまえばもっと早くやれば良かったと思うほどで、全く後悔していないと胸を張って言うのです。

自信が出たように思える

手術する前の彼女はそれほど前に出るタイプではなく、どちらかと言うと目立たない存在でした。
けれども手術をしてからなんだかとても大胆で、胸元が露出し細いウエストを強調するような服を着るようになったのです。
言動も変わったようでとても積極的、前はナンパされたりしても私の後に隠れてしまうほどだったのに、最近は軽くあしらったり返事をじらしたりと呆れるほどです。
胸が大きくなったことで自信が出たということなのでしょうか。
胸が豊かになったくらいで、と最初は思いましたが彼女にとっては人生が変わるほどの変化だったのかもしれません。
ちょっと触らせてもらいましたが、硬いわけではなくほどよい弾力で自然な感じでした。
私よりも小さかったはずなのに、と悔しいですが自分には豊胸するような度胸もないし、彼女のようにスタイル良くなるには手術も脂肪吸引をプラスしないと無理でしょう。
モテモテの彼女を羨ましいと思うこともありますが、本物じゃないものねと負け惜しみを心の中でつぶやく私でした。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑